« To be continue | トップページ | Refreshed my soul for the next »

Season's Greetings '95

季節のご挨拶95年版

『SEASONS GREETINGS  A HAPPY NEW YEAR』

Mominoki_mini

[S]outh  [E]nd of [A]rcadia [S]itting [O]n a dandelion,
[N]orm is [S]inging. 

[G]rand weather and the snow [R]eflecting sunshine.

[E]ndless white fits.  [E]arthly illusion.  [T]ime of [I]nnocence
[N] ymphlike snowdust.   [G]rand noise and paw marks alone. 

[S]ilence [A] dandelion out of season. 
[H]owls of white wolves on [A] moonlit night; on the [P]revious moonless night, a moonjelly [P]opped up with a moonbow.
[Y]ellow dandelion, like a full moon, only looked up at it. 
[N]obody knows this lunatic world. 
[E]njoyable or not, it's up to you, and [W]hat you see there-- [Y]in and yang. 
[E]pilogue and prologue.  [A]ll these might found in the [R]iddle of a rune. 

Img_9999mini

理想郷とよばれるところ、その南のはしっこで、ノームは歌ってる たんぽぽにこしかけて。

とてもきもちいい天気、

そしてお日さまに照らされて、キラキラかがやく雪。

終ることのない、白の調和

この世の幻想

無邪気な妖精のようなスノーダストの時

そこにあるのは、暗騒音と足跡だけ。

狂い咲きのタンポポの静寂。

白狼たちの遠ぼえ、月明りの夜に; 前の新月の夜、水海月(ミズクラゲ)は、月光虹とあらわれた。

満月のような黄色のタンポポだけが、それを見上げてた。

この狂気の世界を知るものは誰もいない。

楽しむか否かは、あなた次第。

あなたがそこで見るもの

それは 、陰と陽、エピローグとプロローグ。

そして、すべてはルーンの謎の中。

Dec. 1995 writen by Non

|

« To be continue | トップページ | Refreshed my soul for the next »

作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Season's Greetings '95:

« To be continue | トップページ | Refreshed my soul for the next »