« Join WWF with membership | トップページ | Forest school in Mt. Rokko #2 »

Forest school in Mt. Rokko

六甲山の森の学校


One day, we went to Mt. Rokko.
六甲山に行った日。

Last night in this day was so hard raining.
前夜はひどい雨。

Img_2526_2

We could not avert a rain this time because it's a rainy season in Japan now.
でも、梅雨、まっただ中の日本で、それは仕方ないこと。

Img_2545_2

Absolutely we do not have a another way.
私たちの力で避けられるわけもなく。

Originally, we want to get natural blessings.
そもそも、その自然の恵みを頂くために、今回は訪れたわけで。

Img_2536


And we can not get it without ancient wisdom.
そして、その為には、先人の助けが必須。

Img_2507

There is a great hand! it's really coooooool!
たよりになる、大きなかっこいい手。



This is a Totem pole in this school.
オリジナルのトーテムポールもあったりして

All items originate with Kobe.
描かれているものすべてが、この森、由来のもの。

Img_2554forweb

to be continued later...
この続きは、また。

|

« Join WWF with membership | トップページ | Forest school in Mt. Rokko #2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

何だろ?何するんだろ?・・・森の学校・・・ワクワク!
素敵な大きな手に、イイ感じのトーテムポール!(夢の彼方を思い起こさせる)
ん?いつの間に、縦位置写真が縦位置におさまってる〜♪

投稿: yukai~♪ | 2010年6月28日 (月) 06時25分

>yukai~♪ 姐さん、


ちょっとゴツゴツしたいい手でしょぉ? 
そしてそして、縦写真がタテに収まってる事に気づいてくれて、うれしー!!!
文字の羅列をみながらこれが90°傾けばいいのかな??といろいろしてみたが、ぜんぜんダメ。
結局、フォトショで写真をリサイズしただけなのです....なので弱冠不本意ではありますが。(苦笑)


話は脱線しますが、WWFのGreenSafariの新しいバナー、しゃべりますね。自然の音も全然違うし。結構BGMになっちゃうなぁ。

投稿: のん (Non) | 2010年6月28日 (月) 07時32分

お!写真、縦!!

そういえばトーテムポールってそもそも何の為のモノなのだ?とwiki見たら

> トーテムポールは保存すべきものではなく、自然に朽ちはて、その地に返し、そしてまた新しく作り直すものと考えているため

そうかぁ、と。
こういう考え方って物凄く好きです。

あ、、、そうそう、↑、びっくりしました。しゃべるバナー。また周りに誰か居るのかと思っちゃいました・・・

投稿: く。 | 2010年7月 1日 (木) 02時52分

>く。ちゃん

遅いレスで恐縮&先日はお声がけ頂いたのにごめんなさいねー。
結局、豪雨も無く、スカをくらった半日でした。

そうそう、かっこいい、且つ、自然な考え方。
だから、トーテムの古いのは残ってないですねぇ。
部族毎の言い伝えとか、アインデンティティーとかの表現手段になっているようですよ。

神戸だけじゃないのかなぁ、小学校にトーテムポールってありません?
あれは別にシンボルってだけの用途で、意味があるものは少ないようですけど、ここにある真っ黒に写ったトーテムポールには....(苦笑)。

お騒がせしました縦写真、無理矢理、縦にしてみましたのにゃ。
そもそも、トリミングもせずに撮ったまんまで写真をUPしてるズボラっぷりに、無理があったのだよね、、、と今更ながら反省のような気分を覚えている私。
(遅い!)

投稿: のん (Non) | 2010年7月 4日 (日) 13時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Forest school in Mt. Rokko:

« Join WWF with membership | トップページ | Forest school in Mt. Rokko #2 »